スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


通常の夢でよくあること

夢日記を見直していたら何かに気がつきました。
離脱に応用できるかわかりませんが、
いくつかをピックアップしてみます。

 ・敵と追いかけっこをするときは基本的に平地である。
敵が近くに居るときは舞台から坂道が消えるようです。
意図的に坂道や階段を探さない限りは平地だけになります。
逆に言えば勝ち目の無い敵と遭遇したら、
激しい段差のある場所に逃げ込むと回避できるかもしれません。
高低の差を利用して敵を撒く実験はしていないのですが、
少なくとも私の夢日記では坂道や階段で敵に追われている状況はありませんでした。
ただし机の上や二段ベッドの上、電柱や屋根の上などの、
平地の上に生成されたオブジェクトでは身を潜めても敵に存在を感知されます。

 ・敵の遠距離攻撃はダッシュ中であればほとんど無効化できる。
東方緋想天を参考に試してみたら思っていたよりも便利でした。
私の夢に現れる敵は大きく分けて3種類の遠距離攻撃をしてきます。
おもにハンドガン、マシンガン、攻撃魔法と分類しています。
ハンドガンは秒間1発のペースでピストルの弾を発射してきます。
これはダッシュしなくても、距離を保っていれば歩いているだけで回避できます。
至近距離で銃を向けられた場合はダッシュしないと被弾する恐れがあります。
ダッシュは体力の問題で数秒間しか持続できず、
一度使うと再使用に時間がかかるので使い時を考える必要があります。
次にマシンガンは連射してくるので距離を保っていてもダッシュしないと被弾します。
ダッシュ中は至近距離でも全ての銃弾を無効化できますが、
力尽きると危ないので私は物騒な相手とは距離を取ることにしています。
遮蔽物に隠れて顔だけ出した場合は銃による遠距離攻撃が全て無効化できます。
また敵に背中を見せて逃げているときは敵は遠距離攻撃を中止します。
銃による遠距離攻撃は遮蔽物を貫通しませんが、
攻撃魔法の多くは遮蔽物を貫通、あるいは爆破します。
消火器のように噴出されるタイプの攻撃魔法はダッシュで無効化できますが、
触ると爆発する竜巻は物理攻撃扱いなのかダッシュ中でも攻撃を食らいます。

 ・自分から水中や毒ガスの中に入っても息が苦しいだけで死なない。
敵から逃げるために水中に隠れたことがありますが、
息が苦しいだけで死にはしませんでした。
数分ほどの時間が経つと水中でも正常に呼吸ができるようになりました。
毒ガスも水中と同じで一定時間が過ぎると気にならなくなります。
これらは自分の意思で危険地域に足を踏み込んだ場合であって、
いきなり殺意溢れる毒ガスが部屋に注入されたら逃げないと死にます。

 ・ゲーム画面の夢のあとは精度の高い三次元の夢になる。
ゲームの夢を見るとかなり高い確率でこの現象が起きます。
直前まで見ていたゲームの設定を全て引きずっているときもあれば、
舞台だけ、登場人物だけが引き継がれた夢になることもあります。
特に2Dゲームから三次元の夢に変換されると精度がさらに高くなるようです。

 ・一度も来たことが無い場所なのに見覚えがある。
夢は記憶を元に構成されていると考えれば当たり前なのですが、
明らかに初めて訪れる場所でありながらも懐かしいと感じるときがあります。

 ・夢の後半になると高確率で舞台が自分の家になっている。
ゲームの夢が三次元夢に変化したときに発生しやすいです。
名目上はドイツのホテルなのに実際は自宅だったりします。
海外旅行をしたのだからお土産を買わなければならないと、
真剣に自宅にある文房具を物色したことがあります。

スポンサーサイト

近況

最近の私が離脱に成功した主なケースは、
・明晰夢や偽りの目覚めから離脱
・金縛りを経由(幻覚無し)
・金縛りを経由(幻覚有り)
この三種類がベースとなっています。

明晰夢からはいつも通りに離脱できるのですが、
金縛りからの離脱に失敗することが増えてきました。
動けないだけの金縛りなら問題無いのですが、
幻覚を伴う金縛りでは離脱に失敗しやすいです。
入眠時や昼寝、三度寝をすると幻覚付きの金縛りになりやすい傾向があります。
幻覚を見ながらローリングを試みると高確率で渡辺の肉体が痙攣してしまうので、
この金縛りになった場合は耳鳴りを増幅するのと似た感覚で、
幻覚を視野の限界まで拡大と増殖することで離脱することができます。
流れる映像は常に変化するので突然変異に驚くと離脱に失敗してしまいます。
また無事に離脱できたとしても名倉の精度がとても低くなります。


先日の離脱にて高度な知性を持った住民に会うことができました。
ガイドと同じくらい饒舌だったのですが違ったようです。
実体はあるのですがモザイクをかけたように不安定な姿で、
声がミュートされた一般的な名倉の住民でした。

最初は低級な住民と他愛の無い世間話をしているところから始まり、
いつの間にかすぐ脇に高度な住民が会話に加わっていました。
高度な住民は先ほどの会話で何を得たかと私に質問をしてきました。
何かを得ている実感が無いので社交辞令の返事をしました。
お茶を濁した返事でその場を免れたのは良かったのですが、
立て続けの質問攻めによる誘導尋問を受けました。
私も黙って攻撃を受け続ける気にはならず高度な住民を説得しようとしました。
説得の効果は全く見られず逆に私の意見が論破されてしまいました。
最後に説教を一通り耳に刻んでからようやく解放されました。
ここまで人間性が豊かな住民も久しぶりでした。

射撃訓練

寝ようとしていたら幻聴が聞こえました。
どこかで聞いたことがある音楽で曲調を自由に変えることができました。
しばらく遊んでいるといつの間にか離脱していたので、
剣を装備せずに物が斬れるのかを試すことにしました。
いつのもの場所に剣はあったのですが無視して素手の状態を維持しました。
目が悪かったので窓から外に出ると見えるようになりました。
トラックに狙いを定めて剣を振る動作をすると綺麗に切断することができました。

次は銃による射撃訓練をすることにしました。
銃が欲しいと考えていたらいつの間にか持っていました。
知識は映画で見かけた程度のものでしたが、
適当に弾を込めて自分の家を狙って引き金を引くと銃声と同時に壁に穴が開きました。
何度か射撃を繰り返しましたが確実に狙った箇所に命中しました。
連続で撃ち続けると威力が半減したり不発になることがありました。
それらは弾を込め直すことで問題を解消することができました。
戦闘訓練のために敵を探していると狸の人形がポストの上に置いてありました。
昭和を感じるデザインで無機質な物体でした。
狸の人形はこちらを向いていたので目が合いました。
この狸の人形は自我を持った目をしていました。
視覚的には陶器に見えるのですが確実に魂を有していると断言できました。
先制攻撃を仕掛けてくる様子は無くてじっと見つめてくるだけでした。
狸の人形の頭部を狙って射撃しましたが威力は半減していました。
もう一度撃ち込もうと引き金を引きましたが不発で終わってしまいました。
これでは勝ち目が無いので物陰に隠れて弾を込め直しました。
準備を終えて狸の人形に銃弾を連射すると存在を抹消することができました。
粉々になる瞬間は見ていなかったのですが、
連射し過ぎて不発になる頃には存在が消えて無くなっていたのです。

すり抜け、試し斬り、ZQN

まず離脱後はすぐに剣を回収して装備しました。
剣を構えて家具に向かって振り下ろしたら、
室内でも離れた場所の物体を斬ることができました。
次にカーテンのかかった窓を斬ろうとしたのですが失敗しました。
縦や横、斜めに斬っても鋭利過ぎて効果が無いようです。
魔法に頼らず物理的に剣で貫こうとしても窓は割れませんでした。

仕方が無いのでカーテンと窓を開けました。
すると虫が入ってこないように網戸がかかっています。
網戸を突き破るつもりで体をめり込ませたらすり抜けました。
肩の辺りでつっかえてしまいましたが、
網戸はそれほど丈夫では無いので素手で破いて脱出できました。

外は晴天で昼間でした。
交通量が多いのでたくさんの車を見かけました。
バイクに乗った男性が居たので水平に切断しようとしました。
首と胴体のどちらを斬るか迷いが出てしまったので、
剣は素振りをしただけで男性は無傷のまま走り去ってしまいました。
罪悪感による恐怖を一瞬感じましたが、
すぐに振り払って冷静な状態を保ちました。

次にどれだけ遠距離まで攻撃が届くのか調べようとしましたが、
視界には遠くの風景は無かったので実験しようがありませんでした。
強く念じれば見えたのかもしれません。

空を飛んで地上を見ていると、
先ほど切断に失敗した男性を見つけました。
弱っているようなので頭を鷲掴みにして口に持っていきました。
男性は気体のような物質だったので深呼吸することで取り込もうとしました。
頭部を吸い込むと名倉の映像は乱れてモノクロになりました。
黒い背景に白い物体が動いている映像が流れました。
さらに乱れてMOTHER2のギーグ戦のような画面となりました。
数秒後にはフェードアウトして渡辺に強制送還されてしまいました。

魔法剣

無意識のうちに離脱していたので、
部屋に飾っていた剣を持って外に出ました。
特に目的を決めていなかったので事故死を覚悟して道路の右側に立ちました。
すぐさまトラックが私に向かってきたので剣を構えました。
この時点で剣の長さは包丁よりも短くなっていました。
トラックの切断したい部位を定めてから剣を素振りをしたら、
10メートル以上離れた場所に居るトラックの運転席の右半分が地面に転がりました。
断面図を見ると鋭利な刃物で切られたような痕跡がありました。
コントロールを失ってもトラックは真っ直ぐ走り続けるので歩道に避難しました。
歩道という安全な場所から次から次へと現れる車を一方的に斬り続けました。
しばらくしたら飽きたので建築物も斬れるか試したのですが、
中途半端な気持ちで斬ったせいで壁が歪むだけで終わりました。
気づいたら剣はカッターよりも短くなっていましたが、
威力は健在しているので剣の長さなんてどうでも良いようです。

これによって従来の殴る蹴るなどよりも雲泥の差の攻撃手段を得ました。
どんなに頑丈な物質であっても強い信念を持てば確実に切断されて、
視覚で確認できる場所に相手が居れば離れた場所でも攻撃が届きます。
攻撃対象が複数になっても攻撃が可能なのかはわかりません。
炎や液状などの不定形を切断しても効果があるのか、
射程距離は最大でどのくらいなのかも調べる必要がありそうです。


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。